はじめに

はじめまして。
「ADHDフリーランスのフリーダムなブログ」著者かめたーとると申します。

私は発達障害当事者で、ADHD(注意・欠陥多動性障害)と診断されている。

私の場合、不注意優勢型として、ミス・失くし物・忘れ物が非常に多く
苦労が絶えない。

・よく自分の物と他人の物を間違えて持って帰るが、
あろうことか女子の笛を持って帰り、しばらく変態扱いされた
「疑惑のリコーダー事件」
(決してなめてない。そもそも本人は翌日指摘されるまで気づかなかった)

・数学のテストで式をきちんと書いて答えを5と導いたのに、解答欄に10と書いた
「答えが勝手に2倍事件」

・その時、計算ミスが一カ所あり、正解が10でなぜか得点した
「二重のミスが奇跡事件」

・囲碁部に一時期いたことがあるのだが、昇級できる実力を身につけながらも
試合で読みをミスし、石を大量に取られ昇級できない
「あだ名はミスターミス事件」

・合宿で財布がなくなったと大騒ぎし、全員監視のもとでお互いのかばんを見せ合う
騒動になったものの、自分のかばんの奥底から発見されしばらく言い出せなかった
「私は貝になりたい事件」

・お客様で下の名前が「ヤスノリ」さんという方がいたが
(先方の会社の方がそう言っていた)
苗字が「ヤスノリ」と勘違いし、初対面からしばらく「ヤスノリ」さん
と言い続けていた
「欧米ビジネスマン風ファーストネーム事件」

・ビジネスメールの常套句、「いつもお世話になっております」
というメールを客先に打つはずが、
「いつもオセアニアっております」と書いて送ってしまい、
先方社内に衝撃を引き起こした、
「恥ずかしさのあまりオーストラリアに逃亡したい事件」

思い出すときりがない。。。

今この記事読んでいる定型発達の(発達障害でない)方々、
もしかして「これくらいなら笑える」「まぁ許容範囲内」
と思ったかもしれない。

しかし、同じ教室・職場の方が度々このようなミスを繰り返す
と考えてみて欲しい。
最初は笑えても、だんだん笑えなくなる。

でも、本人は頑張っているのだ。

さて、話を戻すと、私は、ADHD特性から日常生活・学校生活・就職活動・仕事で
さまざまな困難とぶつかった。
その困難を乗り越えたこともあれば、乗り越えられなかったこともある。

「ADHDフリーランスのフリーダムなブログ」では、
そんなエピソードを思いつくままに書いていく。
本サイトをご覧のみなさまにとって
一つのヒントになれば、とても嬉しい。

  • この記事を書いた人
  • 最新の記事
かめたーとる

かめたーとる ADHD当事者。大学卒業後、金融機関を経てベンチャー企業に出向。そこで不適応を起こして逃げるようにフリーランスに。小・中学生対象の塾講師を経て、現在は様々な大学でキャリア教育、就職活動支援の講師を行なっている。 ADHDの特性上、数々の失敗体験、不適応体験を持つ。「ADHDフリーランスのフリーダムなブログ」では、発達障害者の就労、ADHDの特性の記事などを担当のはずが、思いつくままに記事を書いている。