チャレンジド

「チャレンジド」(challenged)という言葉をご存知でしょうか。

アメリカ発の新しい言葉で「障害を持つ人」を指します。

社会福祉法人プロップ・ステーションのHP内にある説明によると、
http://www.prop.or.jp/about/challenged.html
Challenged(チャレンジド)というのは「障がいを持つ人」を表す新しい米語「the challenged (挑戦という使命や課題、挑戦するチャンスや資格を与えられた人)」を語源とし、障がいをマイナスとのみ捉えるのでなく、障がいを持つゆえに体験する様々な事象を自分自身のため、あるいは社会のためポジティブに生かして行こう、という想いを込め、プロップが1995年から提唱している呼称です。

「障害」は、マイナスの面のみを見た言葉ですが、
「チャレンジド」は、プラスの面も見ています。
とても素晴らしい言葉です。

障害のある私に誇りを与えてくれる言葉でもあります。

一方で、当事者としては重い言葉にも感じます。
「生まれつき挑戦しないといけないのか」
「挑戦することが使命なのか」
「挑戦する資格って自分が望んだものでもないし」
チャレンジドという言葉がまぶしすぎるあまりに、
否定的な考え方につながってしまいます。
私の場合、
「挑戦せずに安心して暮らせればどれだけいいだろう」
と思ってしまうことがあります。

私に複雑な感情をもたらすチャレンジドという言葉。
この言葉を使うとき、私は一人の女性を思い出します。

彼女は聴覚障害を持っていました。
生後すぐ、病気にかかり聴覚を失ったそうです。
早くに聴覚を失ったことが原因で、発話も十分ではありません。

しかし、自分で団体を立ち上げ、障害を持つ方々の支援をされていました。
どんな場所にも積極的に参加される、とてもパワフルな方でした。

その彼女が、何百人もの前でプレゼンをしました。
パワーポイントを使わず。
発話に苦労しながら。
誇りを持って自分たちの取り組みを一生懸命に伝える。

彼女は間違いなくチャレンジしていました。

彼女の静かな情熱が広い会場全体を包んでいました。
彼女はとても美しかったです。
私の人生の中で、最も感動したプレゼンの一つです。

このプレゼンで、私はチャレンジドという言葉を知りました。

当時、私は自分に発達障害があるとは知りませんでした。

何年か経って、発達障害と診断されたとき、
私はまず「ほっ」としました。(このあたりは別ブログで)

そして、次に「自分もチャレンジドなんだ」
とぼんやりと思いました。

その後、私は多くの辛い体験をすることになります。
ADHD由来でないものもたくさんありますが、
ADHD由来のものもたくさんあります。

ADHD由来のもののとき、
私の頭に「チャレンジド」という言葉がよぎります。
そして、「これはチャレンジなんだ」と思います。
この考え方がどれだけ私を楽にしてくれたか。

チャレンジドという言葉は、私にとって時に重くもあります。
しかし、とても勇気付けられる言葉でもあります。

私はチャレンジドとして生まれました。
チャレンジドとして生活し、
チャレンジドとして死ぬことになるでしょう。

正直な話、このチャレンジせざる運命を「チャンス」「資格」
として受け取れるだけの境地に私はまだ立てていません。

しかし、チャレンジせざるを得ない運命を負ったからこそ、
私にしかできないチャレンジがある。
そう思って生きていこうと思っています。

そして、当事者としてこのチャレンジドという概念を
少しでも広めていくこと。
それが私のチャレンジになるのではないかと思うのです。

  • この記事を書いた人
  • 最新の記事
かめたーとる

かめたーとる かめたーとる ADHD(注意・欠陥多動性障害)の診断を受けた当事者。大学卒業後、金融機関を経てベンチャー企業に出向。そこで不適応を起こして逃げるようにフリーランスに。小・中学生対象の塾講師を経て、現在は様々な大学でキャリア教育、就職活動支援の講師をメインに仕事行なっている。特性上、数々の失敗体験、不適応体験を持つ。発達障害者の就労、ADHDの特性の記事などを担当するはずが、思いつくままに記事を書いている。