エンカレッジで過ごす私の一日

イチさんに続き「就労移行の日々 エンカレッジ京都版」を担当いたします、前向き猪と申します。名前の由来は私の十二支が猪であることと、いろいろなことに前向きな姿勢で取り組めるからです。
昨年、20歳になり選挙権を持ったことで、今は政治を知ろうと努力しています。
そんな私は、今年の4月よりエンカレッジを利用開始しました。

エンカレッジでは日々、面接を受ける・求人を探すなど就職に向けた取り組みを行っています。しかし、エンカレッジでは就職に向けた取り組み以外も行っています。
本日は、エンカレッジで過ごす私の1日を説明していこうと思います。

kyoto04img01
画像元:CCライブラリー


 
<就労移行の日々>

酷暑の中、私はとある場所に歩いていた。エンカレッジ京都だ。朝礼は9時30分開始。余裕を持って準備する為、9時15分の到着を意識している。

到着後の準備は名札付け・身だしなみ確認・当番表・全体連絡の掲示板の確認である。本日は私が日直だ。ラジオ体操の準備とプログラム確認を朝礼前にする。

朝礼前、空き時間にネクタイを結ぶ練習をした。今まで、ネクタイが結べなかったからだ。最初はスタッフと共に練習し、今ではできるようになった。しかし、時が立てば忘れるので、1週間に1度は練習している。

時間になると、朝礼用の手順書を持ち、身だしなみ等チェック・プログラム確認・スタッフ連絡・ラジオ体操・挨拶練習の順で朝礼を行う。人前で話すのは慣れたものの、全員の視線が私に集中するとやはり緊張する。対策として、手順書等の原稿を用意することをしている。

午前は、グループごとにPCの勉強や事務補助の練習、就職活動など、さまざまなことに取り組む。私のグループは就職活動などを行う時間。メンバーは取り組む内容を決定後、リーダーである私に報告する。そして、その内容を私がスタッフに伝える。取り組む内容を決定・報告する理由は、リーダーの役割を経験しておくことで、実際の職場でのミーティングが円滑に進行できるようにする為だ。

本日、私は「プロフィール(障害特性の説明書)作成→休憩(5分)→事務補助の練習」の順に取組む予定だ。まずはプロフィールに、私の特性である集中力・積極性が高い・人と話しにくい・緊張しやすいなど記載した。

完了後、予定通り休憩を取った。(予定に休憩を決めた理由は、決めてないと過集中のため休憩し忘れ、疲れてしまうからだ)。休憩後、事務補助の練習に取り組んだ。本日私は名刺を決められた通り分類する作業に取り組んだ。取り組むには手順書を最後まで読むことが必須である。しかし、私は途中までしか目を通していなかった。その為、結果は散々だった。最後まで業務の手順を理解することが重要だと感じた。
午前のプログラム終了後、午前の振り返りをし、昼休憩に入った。

昼休憩、前半は単独で昼食を取る人が多い。外食の人もいる。昼食後は自由だ。仮眠を取ったり、京都タワーを歩いたり、複数でトランプする人もいる。

kyoto04img02

午後は、講座に参加する。今日は話し合いを行うミーティング。議題は「ソーシャルクラブ」の内容。ソーシャルクラブとは月1度のエンカレッジ外での活動である。目的・場所・時間・行き方などを複数の利用者で話し合い決めていくことが必要となる。注意すべき点は「役割(司会・書記・時間管理・発表)の決定」と「自分の意見を言いつつ、他人の意見・存在を尊重すること」である。私の場合、「役割の決定」を行わないまま、話し合いを進めようとする傾向がある。現在はそうならないように意識をしている。午後のプログラム終了後、振り返りを記入し、私は終礼の準備をした。

終礼では次の日のプログラム確認・スタッフからの連絡・実習に関する連絡・報告の順で行う。また、就職の決定者がいると壮行会が行われる。終礼後、掃除をした。ゴミ回収・トイレ掃除等、様々な役割がある。掃除をすることで、私の心も綺麗になったと感じた。その後は他の利用者と少し雑談し、帰宅した。

私にとってエンカレッジで過ごす日々は、業務上のスキルを身に付けるだけではないと思う。私は人に話しかけること自体は苦手だが、人と会話をすることは好きだ。エンカレッジではいろいろな人と話す場が積極的に設けられている。その場は、人に話しかけることが苦手な私でも人に話しかけることができるようになる絶好の機会だ。同時にいろいろな人と話しを深め、意見交換することで大変有意義なものになると思っている。


 
いかがでしたか?
少しでもエンカレッジでの様子が伝われば、嬉しいです。
では、今日はこの辺で!