Newエンカレッジのリフレッシュ講座

 初めまして、エンカレッジ大阪利用者のエンカ女(じょ)です。この度エンカレッジのブログを書く事になりました。初めてなので、戸惑うことばかりですが、頑張ります。

 私は、エンカレッジ大阪に4月末から入所し、現在1か月が経ち、2ヵ月目に突入しようとしています。(実は、去年6月まで心斎橋に通っていましたが、訳があり、もう一度自分を見つめ直そうと思い通っています。)

エンカレッジのプログラム「リフレッシュ講座」について

 今回は、エンカレッジのプログラムにあるリフレッシュについて簡単に話そうかと思います。
 リフレッシュ講座とは、企業に就職した際に出るストレスを少しでも軽減できるようにどんなリフレッシュ方法があるかを知る為の講座です。私は、これまで、ストレッチや、プレジャーブック(リラックスグッズとして、自分の好きな物の絵や写真を印刷し、用紙に切り絵の様に貼り付けたものです)等を体験してきました。

エンカレッジリフレッシュ講座 靭公園

 先月のリフレッシュ講座では、エンカレッジ大阪付近にある靭公園(うつぼこうえん)に行き、運動をしてきました。運動の中身は、大縄跳びや、ボール運び(二人ペアになって新聞紙にボールを乗せて走り、別ペアに渡すと言ったゲームです)・氷鬼・円になってバレーボールを行いました。

 そこで気づいた点が、意外と動けるスタッフが多いなということです。この日は、結構な暑さで体力を消耗させられていましたが、水分をこまめに取りしながら、休憩もしつつ行うことができて良かったなと思っています。スタッフが一つの運動が終わったら「水分取りましょう」と言って下さり、水分を取る利用者が多かったです。

 普段は、毎日スーツでエンカレッジに通っていますが、この日は、事前に「リフレッシュで運動をするので、私服で大丈夫です」とスタッフから連絡があり、利用者だけではなく、スタッフも私服が多かったです。

 ボール運びや・大縄跳びでは、人と協力しないと出来ないという事を改めて感じました。何故かと言うと、ボール運びは、ペアの人と息を一つにしないと上手く運ぶことができないし、大縄跳びは、回す方は回す方で息を合わせないと出来ないし、飛ぶ方も飛ぶ方で力を合わせないと上手く飛べないと言う事を学んだからです。ボール運びでは、私が勢いよく走ってしまったせいで、新聞紙が破れたり、ボールが落ちたりという事が発生してしまって、もう少し相手のペースも考えないといけないなと思う様にもなりました。

 また、リフレッシュを通じて利用者のみなさんと話すことも少しは出来たかなと思っています。これを機会にいろんな人と話せるようになっていきたいです。

リフレッシュ講座で得た気づき

エンカレッジリフレッシュ講座 靭公園

 靭公園まで徒歩で行き、帰りも徒歩でエンカレッジ大阪に戻ってきました。歩くのが嫌いな私でも、スタッフと話しながら歩くとあっという間に公園に着くことができました。運動が苦手でも、出来るだけ歩くことを心がけようかなと思うようになりました。(雨の日は家からバスに乗って最寄り駅に行くことが多い私なので、なるべく徒歩で行くことを意識していきたいな……)

 嫌いのままほっとくのではなく、嫌いを一つでも減らしていかないと社会人としては成長していかないんだという事を気づかされたので、運動を通じて色んな事に挑戦していこうと思う先月のリフレッシュ講座でした。

発達障害に特化した就労移行支援事業所エンカレッジ

エンカレッジ

発達障害のある人に特化した就労移行支援事業所エンカレッジは、あなたの「働きたい!」をサポートします。
大阪(本町、心斎橋、天満橋)・京都(京都駅、京都三条)の5拠点で説明会の申込み・相談を随時受け付けておりますので、お気軽にご参加ください。

就労移行支援事業所について
 

エンカレッジ