New実習を経て「新発見!」 No.1

 お久しぶりです。^^エンカ女(じょ)です。
 前回の《challengeできるエンカレプログラム》はいかがでしたでしょうか?
 エンカレッジでchallengeできそうなプログラムだったので書いてみました。どんなことをしているのか知っていただけたら嬉しいです。

企業の職場で実際に働く体験をする「職場実習」に向けて

 私は、9月18・19・20日で職場実習に行ってきました。今回は、そのことについて書いていこうと思います。
 実習が決まる前までは、「実習に行きたい」「ほかの人の実習報告聞くのがだんだんと辛くなってきたな」等思っていました。いざ、実習が決まると「やっと決まった」しかし、「不安が強くなってしまうのかな」等色々考え調子を崩しかけてしまいました。実習が決まったと教えて頂いた日もあまり調子が良くない方だったので別の日に話をし、実習までにやることをスタッフと決めました。その内容は「気持ちのコントロールをする」「ハードルを下げる」で、自分の気持ちを知るためのノートをつけ始めました。
 なかなか自分では調子を整えるのは難しいなと思いましたが、ノートに書いているうちに、自分の心が落ち着いている日や不安が強い日の差があるのを実感してきました。やっているのとやっていないのではやっている方が気持ちが少しでも楽になるのを感じたので現在もできる日にやるようにしています。(ハードルを下げる方はいまだにうまい事整理が出来ず、高くしてしまいがちになっています……)

気持ちのコントロールのノート
気持ちのコントロールのノートです

 この時は、調子が低いですが……載せられる写真が無くこれにいたしました。

不安が募るが、実習直前には「できることをやっていこう」と思えた

 同じ場所に実習に行った人の発表を聞いた際、「人多いな・やることも多いな」と感じていて余計に不安が募って、ほぼ毎日のようにスタッフに呟いてしまっていました><
 実習の前に顔合わせに行きます。顔合わせとは、自分のことを企業の担当者に知っていた頂き、自分も企業の事を把握する機会です。プロフィールシートを参考に自分の得意な事・苦手な事や自分の好きな事、目標(実習行く前に二つ目標を決めるのでその目標を企業側に伝えます)を伝えたりします。
 私は、実習の2週間ぐらい前に顔合わせに行ってきました。スタッフに同行して頂いたのですが、とても緊張しました。前日に普段は見ないのに夢を見てしまいました。緊張のあまり、顔合わせ前日は1時間置きに目を覚ましてしまいました。

 顔合わせ当日は、すごく緊張してしまい上手く受け答えが出来なく、椅子に何回ももたれてしまいました。自分のことなのにちゃんと出来なくて悔しくて、顔合わせの日の夕方すごく落ち込んでしまいました。けど、月曜日の面談で話を聞いていただいて、自分の課題を見つけて、それにどう取り組むかを考えて次の火曜日に答えを伝えると気持ちが楽になりました。顔合わせの時に企業の方から「実習に成功も失敗もない」と言って頂いてからも緊張・不安でマイナス思考になりっぱなしでしたが、自分自身が出来ることを考えてやっていこうと実習前は思いました。

 実習から実習終了後の話は次回《実習を経て「新発見!」 No.2》に持ち越し致します。

発達障害に特化した就労移行支援事業所エンカレッジ

エンカレッジ

発達障害のある人に特化した就労移行支援事業所エンカレッジは、あなたの「働きたい!」をサポートします。
大阪(本町、心斎橋、天満橋)・京都(京都駅、京都三条)の5拠点で説明会の申込み・相談を随時受け付けておりますので、お気軽にご参加ください。

就労移行支援事業所について
 

エンカレッジ02 エンカレッジ01