就職!

 みなさんお久しぶり、エンカレッジ心斎橋利用者兼あなたの推しメンゆいにゃんです。
(あなたの推しメンの部分はウソですごめんなさいm(__)m)

 いろいろなことを発信してきた(?)ゆいにゃんですが…
 

 なんと!この度就職が決まりましたパチパチパチ~♪
 以前働いていた職場から戻ってこないかというラブコールを頂き、エンカレッジの力をお借りした上で実習に臨み、今回就職に至りました!
 もともと自分に合った仕事内容だったので気楽にやっていこうと思います。

・就職までの道のり
 ゆいにゃんがエンカレッジ心斎橋を利用開始して就職するまで実に1年1か月かかりましたが、この間にさまざまな取り組みをしてきました。まずエンカレッジに入所してから取り組んだのが、自分自身を知ることでした。自分は何が得意か、苦手か、特性は何か、配慮してほしいことは何か、障害をオープンにして就職するにはこの部分が欠かせない要素です。入所したての頃はこの部分への理解があいまいだったのとまずはエンカレッジのプログラムに慣れたいと、すぐに就職活動は始めませんでした。

 そして入所から5か月目で初めて職場実習のお話が来て、ゆいにゃんはすぐにその話に興味を持ち翌月には実習を体験させていただきました。仕事内容も自分に合っていたので就職も考えていたのですが、より自分に合った職場を探すため就職活動を続けることにしました(ノД`)
 そうしている間にも他の利用者さんがどんどん実習に行ったり就職したりで、かなり焦りました。そして2017年の7月に事務系の職場で実習を行いましたが、実際の職場の方とお話しする際に感じる緊張や苦手意識が実習最終日まで続きました。翌月も再度同じ職場で実習を行いましたが、どうしても緊張や苦手意識が前回から大きく変わることはありませんでした。

 その頃、6年前まで働いていた会社の上司から「戻ってきてくれないか」と連絡がありました。以前の職場に戻ることは当初考えておらず一旦お断りをしたのですが、詳細を明示していただいたのと、エンカレッジで相談した結果まずは実習をという話になりました。実習をさせていただいた結果、就職する運びとなりました。

 もちろん、就職活動中は面接も受けましたよwwww
 面接で大事になってくるポイントはやはり「自分を知っている」か、これにつきます。実際ゆいにゃんが聞かれたのが、「自分の障がいをどうやって知ったか」「苦手なことをどうやって工夫しているか」これが一番多かったような気がします。自分では見つけにくいことでも、エンカレッジのスタッフさんに相談し、日々のプログラムから自分で見つけ出したりさまざまな方法があると思います。自分をより知っておくことであらゆる面接で対応ができると思います。

 こうして就職できましたが、就職活動の間、エンカレッジの仲間達がどんどん就職してOBになり、気持ちが焦って不安定になることもありました。それは、就職活動がうまく進まないことへのいら立ちもあったと思います。

 そんなときは、形からでいいので「就職活動をしているぞ」という実感を得るために書類を出したり面接を受けたりする等、行動に移すと良いと思います。そうすればいつかは自分に合った職場との思いがけない出会いがあるかもしれません。

 最後に。
 就職活動は自分の人生を決める一大イベントではありますが、周りの人と競争するものではありません。それでも焦りは必ずあるものなので、そのときは周りの人と相談しつつ、自分がベストだと思ったことを実践してみてください。

 ゆいにゃんは頑張る皆様を応援しています!
 ではでは~♪

ゆいにゃん

エンカレッジ