企業さんや利用者さんとの関わりで大切にしていること

初めまして。エンカレッジ心斎橋スタッフの竹内です。
私は入社して3年になりますが、毎日が新鮮で時として同じ日はなく、カレンダーガールになれたように、生き生き毎日過ごさせていただいております。

利用者さんについては、毎日お顔を拝見するとその日の体調が分かるので、朝の挨拶は一番気を付けています。その積み重ねを大切にすることで今後のサポートのヒントが沢山あります。

ヒント

企業さんとの関係性について

スタッフから企業さんとの関係性について相談を受けることがあります。
その大半は、どんなふうに企業さんとお話したらよいか、どこまで合理的配慮をお願いしたら良いかが分からない、と言う事です。

私自身人事等、環境調整などを含み30年は働いておりますが、「この企業さんには、こんなふうに接する方が良い」などと判断する事はできません。
常日頃から気を付けているのは、企業さんと、利用者さん、スタッフともに同じステージにいるよう心掛けることです。

利用者さんの特性はきちんと伝える。
配慮はお願いする。
三者の役割を確認する。

支援員は、利用者さんの事を理解しながら、企業さんがしていただける支援の範囲を共有します。
また、三者の目標を話し合いながら調整する事を心がけています。
気負いなく、真摯に向き合う事で、利用者さんには働きやすい環境と、企業さんには安心と信頼に繋げていきたいと思っています。

時々、企業さんのお疲れさま会やお花見などお誘いいただきますが、厚かましいかな~と思いながらも、所長からはお許しが出ましたので、参加させて頂きます。

お花見

参加させていただくのは、お声を掛けていただける企業さん・担当の方々の優しさや、寛大さがありがたいからです。また、私を通してエンカレッジをお知り頂ければありがたいと思っています。
これからも色んなことを勉強し、頼れる支援者でいたいと思います。

発達障害に特化したた就労移行支援事業所エンカレッジ

エンカレッジ

発達障害のある人に特化した就労移行支援事業所エンカレッジは、あなたの「働きたい!」をサポートします。
大阪(本町、心斎橋、天満橋)・京都(京都駅、京都三条)の5拠点で説明会の申込み・相談を随時受け付けておりますので、お気軽にご参加ください。

就労移行支援事業所について

エンカレッジ02 エンカレッジ01