強みを活かす、弱みを補うためには?

人にはそれぞれ長所と短所があります。それを就職に活かすにはどうしたらいいのでしょうか。

長所と短所を就職に活かすには?

長所と短所を就職に活かすには

強みと弱みを“知る”

まず、大切なことは自分の強みと弱みを“知る”ということです。
エンカレッジでは「自己理解講座」というプログラムで自分の長所、短所、障害特性に対する理解を深めます。
自己理解講座は自分の認知(物事の見方)について学び、グループワークを通して他者から自分の性格、特性を知るきっかけにもなります。

職業体験を活かす

また、企業で職業体験をする機会があります。職業体験をすることによって客観的に知ることができます。
私自身は従来、職業経験がなかったので働くイメージ作りにもつながりました。
結果、私の長所はコミュニケーション能力であると評価いただきました。

私自身が取り組んでいることは入力スピードなどをパソコンに記録することです。
記録することによって自身の成長を可視化します。それが自信につながると考えています。

その後、実習で得た経験、課題点を元に日々のプログラムに取り組みます。
この積み重ねが就職への一歩ではないでしょうか。(O・Y)

発達障害に特化した就労移行支援事業所エンカレッジ

エンカレッジ

発達障害のある人に特化した就労移行支援事業所エンカレッジは、あなたの「働きたい!」をサポートします。
大阪(本町、心斎橋、天満橋)・京都(京都駅、京都三条)の5拠点で説明会の申込み・相談を随時受け付けておりますので、お気軽にご参加ください。

就労移行支援事業所について

エンカレッジ02 エンカレッジ01