catchview

ON・OFFの使い分けは大切

こんにちは!
エンカレッジ京都スタッフ玉野です。

2021年になって早くも1ヶ月が過ぎてしまいました。
年末から月日の流れが速く感じ、ついていけていない気がしています・・・。

今回私からは、ON・OFFの使い分けの大切さについてお伝えしたいと思います。

ON・OFFの使い分けの大切さ

ON

ON、すなわち仕事中はもちろん仕事に集中して取り組むことが大切です。
過集中になってしまう・・・という方も少なくないかと思いますので、自分にとって何分、何時間までなら集中して作業しても後に支障がないかをまず知っておきましょう。

ON

OFF

OFF

OFF、基本的には仕事外を指すかと思います。
仕事が終わったら、仕事以外のことに目を向けることはとても大切です!
いつまでも「あの仕事が・・・」など考えて切り替えができないでいると、なかなか良い案も浮かばなかったりします。
時間が来たら仕事のことは考えるのを辞め、頭の中も気持ちもリフレッシュするようにしていきましょう!
また、昼休憩などもとても大切なリフレッシュポイントです。
一旦頭を休ませてあげると、その分作業効率が上がることが多いかと思います。

仕事だけでなく、趣味や学校、普段の生活などでも同じことがいえるかなと思います。何事もON・OFFを大切に、メリハリをつけて行動できるといいですね。

少しでも参考になればと思います。

発達障害に特化した就労移行支援事業所エンカレッジ

エンカレッジ

発達障害のある人に特化した就労移行支援事業所エンカレッジは、あなたの「働きたい!」をサポートします。
大阪(本町、心斎橋、天満橋)・京都(京都駅、京都三条)の5拠点で説明会の申込み・相談を随時受け付けておりますので、お気軽にご参加ください。

就労移行支援事業所について

エンカレッジ02 エンカレッジ01