空気は読めないが、コーヒーは飲みたい。

ひやのブログ カフェの画像

みなさん、喫茶店やカフェは得意ですか。
私は苦手です。

だいぶ修飾部をすっ飛ばしてしまったので、何のことかと首をかしげる方もいるかもしれません。
私は喫茶店やカフェが好きです。大好きです。もともとコーヒーが好きだし、ケーキやサンドイッチのおいしいものが食べられるし、お店特有の雰囲気に浸れるからです。
「苦手」というのも、入るのにためらうとかお店選びの候補から外すとかそういうことではありません。

ただ、客としてうまく振る舞う、という点に関しては、やはり「苦手」としか言えないのではないかと。
いえ、店員さんからしてみればさらっと注文して黙々と食事をして何事もなく去っていく客、と見えているのかもしれませんが、当人の私はいつでもいっぱいいっぱいです。

まずお店に入ったとき。
おそらく大部分の方が一番に空席があるか確認するのではないでしょうか。
そしてここで、見渡しても空席がない場合。
出てきた店員さんに、「申し訳ございません、ただいま空いている席がございません」と言われたら残念に思いながらもお店を出ることができます。
ところが、忙しいのか、自分に気付いていないのか、誰からも声をかけられなかったとき。
私の場合は、あっ……どうしようと一瞬頭が真っ白になります。
我に返ったあと、店員さんをどうにか捕まえて席があるか尋ねるのですが、もしそこで「申し訳ございません、ただいま空いている席がございません」と答えを返されたとき、湧き上がってくる謎の罪悪感がすごいです。

席がないことくらい見ればわかるのに忙しい店員さんをわざわざ捕まえてしまった。
私が空気を読めないせいで、店員さんの手を止めてしまった。店員さんのその30秒があれば、きっと美しいラテアートが描ける。

「これ、綺麗ですね」「ありがとうございます。私が書いたんです」「そうなんですか……」

こんな風に、もしかしたら運命の人との出会いのきっかけとなったかもしれない。私はその愛の芽生えを容赦なく摘み取ってしまったのだ……私が空気を読めないせいで……。

すみません誇張しました。そこまで思いつめはしません。
ただ自分のふがいなさに凹むのは事実です。店の近くに川があったら「ちょっと水浴びしたいな」くらいは思います。
(しかし、店員さんに「空いている席がございますのでご案内いたします」と答えを返された場合、手を止めてしまった罪悪感うんぬんはなくなり「やったー!」と平然と席に案内されて食事を楽しむので、まあ私が現金なだけとも言えます。)

話を少し戻して。
入ったお店に空席が確認できたとしましょう。
入ると決めて、次にするのは、そう注文ですね。

個人経営の喫茶店でも、チェーン店でも、注文のしかたは店によって様々。
座った席から店員さんを呼んで、メニュー表を見ながら注文するパターンは、私は特に問題ありません。
ですが、席につく前にカウンターで注文するパターン。いわゆる前払いで、チェーン店に多いやつです。これ、私にとっては結構くせものです。

ひやのブログ ショーケースの画像

レジにドリンクのメニュー表が置いてあって、そこにたどり着く前にケーキやサンドイッチなどの軽食が並んだガラスケースが置いてある。
というのがよく見かけるパターンかなと思うのですが、これ一瞬悩みませんか。

「ケーキが食べたい場合は、自分でガラスケースを開けて取るのか?」

お取りください、と表記してあった場合はもちろん自分で取ります。
軽食はレジでご注文ください、と書かれていた場合も悩むことはありません。
しかし、表記がないことも多い。そのときは、店員さんにお任せしたほうがいいかな、と思うことは思うのですが、手元にトレイがあって値段もばっちり見えるようになっていて更には開けてくださいと言わんばかりにガラスケースの引き戸がこちらに向いていた場合、「あれ……もしかして……自分で取るやつ……?」と悩んでしまうのは否めません。
最終的にレジで「チーズケーキひとつ」と口頭で注文するのですが、「はい~」と店員さんがわざわざレジから出てきてチーズケーキを自分のトレイに載せた場合、やはり謎の罪悪感が湧き上がってくるのです。

引き戸がこちらに向いているガラスケースを見れば自分で取るくらい判断できるだろうに、わざわざ店員さんをレジから出してしまった。
私が空気を読めないせいで、列を滞らせてしまった。この時間は当然私の後ろに並んでいるお客さんにも影響する……もし後ろに並んでいる、見るからにいい雰囲気の二人がこの失った時間のせいで次のお出かけを決めることができなかったら?
二人の片方が、次のお出かけで意を決して告白すると決めていたにも関わらず。それは、二人の恋路を邪魔したも同然。私が空気を読めないせいで……。

ひやのブログ コーヒーとケーキの画像

私は喫茶店やカフェが大好きです。
コーヒーが好きで、おいしいものが食べられるというのもあるのですが、一番好きなのはやはり「街の休憩所」という雰囲気でしょうか。
お気に入りの店で、穏やかに談笑している人たちを見ると、ほっこりします。
私がここにいるどなたかの愛の芽生えを摘み取ったり、恋路を邪魔していたり……はまあそうないとわかりながらも、私によるタイムロスが他の人に大きな影響を与えていないことを祈りつつ、今日もケーキとコーヒーを楽しむのでした。

  • この記事を書いた人
  • 最新の記事
ひやの

【ひやの】
どうも、就職活動中の発達障害当事者です。及びオタクです。ゲームやアニメが好きです。このコラムでは、ソーシャルゲームへの課金の是非や深夜アニメの主題歌の中毒性などを深く考察していく……ことはせず、家にいることが何より大好きな私から見た「発達障害当事者の就職活動や日常」「働くチカラWEB制作の裏話」について書いていこうと思います。よろしくお願いします。

エンカレッジ02 エンカレッジ01